オレンジの安産祈願
オレンジの安産祈願のお守りを母親からもらいました。嬉しいです。

ブライダル
両親の時代の結婚式といえば神前式が主流であったため
紋付に白無垢、披露宴では色打掛が当たり前でした。
最近はチャペル式が主流であること、パーティー形式の披露宴が多いことから
当日に和装をおこなう人は少なくなってきていました。
衣装チェンジにも時間がかかるため、披露宴の時間に長く会場にいられないから、
洋装より価格が高いからなどの理由で着ない選択をする人も多くいます。
数年前、某女優が神社で神前式を執り行い、白無垢姿をマスコミに披露することが
ありました。
カツラや綿帽子ではなく、洋髪にたくさんの生花をあしらい、真っ赤な口紅でテレビに映る姿は
とてもオシャレで美しく輝いていました。
その頃からでしょうか、和装が見直され、前撮りだけでもと多くの花嫁が和装を着るという選択をおこなっています。
カツラも以前に比べこぶりなものや、少し茶色の毛になったものができており、
現代の花嫁にマッチしたものが多く出てきています。
日本ならではの『和装』が見直されてきています。

最近多くなってきているのが挙式前にブライダルエステを受ける人ですが、どんなブライダルエステがあるのでしょうか。たくさんの人が受けるブライダルエステといえばシェービングです。デコルテやうなじ、顔の産毛をカミソリで剃るという花嫁にしかないケアではないでしょうか。化粧ノリも、肌表面の古い角質が取れることで改善します。人気のブライダルエステが、メイク映えが良くなる効果のあるフェイシャルだといいます。常に写真を撮られているともいえるのが挙式中です。きれいに写真に摂られたいのであればフェイシャルブライダルエステが必要だといえるでしょう。マッサージやパックで肌にハリと潤いを与え、くすみを解消します。ボディの全身トリートメントやマッサージも人気のブライダルエステです。ドレス姿を、色が白くてたるみのないボディはさらに美しく見せてくれるのではないでしょうか。いろいろと立て込んでいる挙式の前に、マッサージによってゆっくりできることもメリットではないでしょうか。デコルテのみのケアをするブライダルエステもあるようです。かなり印象は、ドレスから見える胸元が美しいと良いものになるのでおすすめです。ハリと透明感のあるデコルテラインを手に入れることが、鎖骨まわりのリンパの流れを促進するマッサージや保湿をブライダルエステで受けることによって可能になります。背中、脇、二の腕などブライダルエステでは部分的に施術をしてもらうことができます。挙式本番前にぜひやっておきたいのが、気が付かないうちに見られている爪のケアです。指輪交換など手元のアップ写真も残るのでハンドマッサージと合わせてネイルケアをブライダルエステでしてもらうと良いでしょう。いろいろな種類のブライダルエステがあるので、なにが本当に自分に必要なのかを考えて選ぶのがおすすめです。

背中の脱毛