オレンジの安産祈願
オレンジの安産祈願のお守りを母親からもらいました。嬉しいです。

残業代が支払われない、いわゆるサービス残業が当たり前のようになっている。
特に残業をしなければ終わらない仕事があるわけではないのに、無意味に会社に残らされているような現状もあるという。
例えば、なんとなく職場の雰囲気から、会社に残ってなにかやらなければいけない、上司が帰ろうとしないので自分だけが帰るわけにもいかない。
そういった理由があるようだ。
しかし、これは仕事のモチベーションも下げ、翌日にも疲れを残すので、効率は非常に悪くなるだけではないかと思う。
帰る時間がハッキリとしておらず、ずるずると退社時間を先送りにしているのでは、仕事のメリハリもつかず集中力を維持できない。
日本の社会は、始まる時間には厳しいくせに終わる時間にはルーズだ。などという言葉を耳にしたこともある。
残業の必要性を考えて、もし不要であれば、上司自ら率先して帰らせるような流れを作らないと、
いつまでも帰れない、かといって会社に残っている意味も分からないそんな社員が多くなるだろう。